モデスティアとは

モデスティアとは
..

ご挨拶

これまで通りの暮らしのために家族のように見守るケア。
そんな終の住処をご用意いたしました。

モデスティアの『外』と『内』は、介護予防と豊かな暮らしの観点から、
スペースや設備を十分考慮して造り込んでおります。
特に隣接した乗馬フィールドは暮らしのシーンに合わせて、
第二の我が家として暮らしていただきたいという願いをコンセプトにいたしました。

モデスティアでの暮らし…

乗馬フィールド

ご挨拶

モデスティアとは、「謙虚」「慎み深い」という意です。モデスティアに込めた意味は献身的な トータル介護にあります。しかし、それだけではないと考えます。入居される皆様からの、 そしてご家族の皆様からの会話を真摯に受け止めることから、介護の質、第二の暮らしの質が 高まると思うからです。そのための謙虚さであり、相互理解こそ、介護の本質であると考えます。

ですから、入居なされる皆様にとって、私たちは、皆様のホームヘルパーであり、ホームナースであり、ホームドクターであるという観点から、10人のユニットケア方式を採用し、そしてターミナルケア(終身介護)のサービスをご提供することにより、いつも親身に寄り添うケアが可能であると信じております。

モデスティアには、また別のイメージの意味があります。それは「上品な」というロイヤル的に使われてきた歴史的な経緯があります。モデスティアは牧歌的で行き届いた庭園に囲まれ、フィールドには馬が遊び、散歩道にはカフェテラスがある、そんな風景の中にあります。

館内はプライベート空間とパブリック空間を、上質で贅を尽くした間取りと設備をアレンジしてご用意いたしました。それは皆様に、第二の我が家として暮していただくため、 楽しく生き生きと張りのある暮らしを過ごして頂きたいという思いからです。それは取りも直さず、心身のリフレッシュこそが残存能力の維持、介護予防の観点から考えた結果でございます。

その意味から、私たちの考えるモデスティアは、認知症に特化した、ストレスの軽減を住まいに反映させたホームでもあると自負しております。ここに幸あり、かけがえのない第二章。だからこそ、 モデスティアの暮らしが第二の我が家として、皆様に実感して頂くことを切に願っております。

株式会社 日本エイジレス・ライフ・コア
代表取締役
笹島 康史

..